karashi39とはいったい

夢と希望と明日と正義を讃える

君もコンピュータァーになろう

コンピュータァーって、すごいですよね、すごいし、便利

俺もコンピュータァーになりたい、どうやったらなれるのかな

考えてみました

その1 コンピュータァーの構造のように動いてみよう

コンピュータァーの構造

コンピュータァーにはいろんな部品が詰まってますが、大事なのは、

  • CPU: 考える部分
  • RAM: 作業用スペース (速いけど、保存に適さない)
  • HDD: 保存用スペース (遅いけど、保存に適する)

HDDが最近は速くて保存に適するSSDとかって話もありますが、とにかくこれが基本ね

わかりにくいので、身近な例え

こうやって考えるとカンタンです

  • CPU: 考える部分 =>
  • RAM: 作業用スペース =>
  • HDD: 保存用スペース =>

作業をするのはです。たとえばコンピュータァーが何らかのデータを作成していくような処理は、人間で言えばノートになんかを書く作業ということになります。コンピュータァーの場合は、作業の中心はCPUです。

ただし、人間が立ちっぱ状態でノートに何かを書いていくのは大変なので、が必要になるわけです。作業用スペースですね。机が広いほど、いろんなノートやら資料やらオヤツのチョコパイやらを置くことができる。どでかい図鑑とかも、でかい机になら置いて作業することができる。

コンピュータァーなら、作業用スペースであるRAMが大きいほど、たくさんのアプリを同時に動かしたりとか、一個あたりの使用量が大きいアプリを動かしたりできるわけです。

ただし、机の上はちょくちょく片付けないと嫌になってしまうというか、別の作業ができないので、に片付けます。棚にものを取りに行くのは、机の上にものを置くよりは時間がかかりますけど、いっぱいしまえるし、なんていうか役割分担ですよね。必要ないものは片付けておけば、作業も快適なはず。

HDDもそういった役割です。保存するためだけの場所です。コンピュータァーの動きが悪いからってたまにHDDの中のものを減らす人がいますが、棚をスッカスカにしても、別に作業は効率よくなりません。棚にものを取りに行く時だけ楽になるだけです。机を綺麗にしなきゃだめよ。

さらにそれを人間に当てはめてみる

こう、この人/机/棚という3つを、全て人間の中に入れてみましょう。すると、僕らは記憶装置に関して、作業用も保存用も、自分の脳みそでやっちゃっていることがわかります。役割分担できてない。効率悪い。

特に、考えることを大事にしているならば、机の上は常に綺麗にしておきたいよね。だから、

  • CPU: 考える部分 => 人 => 知能
  • RAM: 作業用スペース => 机 => 記憶
  • HDD: 保存用スペース => 棚 => メモ帳

みたいに分担します。いまいまの作業に必要ないものは、全て自分の外に出してしまう。

スケジュール帳にメモる。Trelloに登録しておく。ツイッターに吐き出す。そういうことです。予定とか、やらなきゃいけないこととか、思いついた面白いこととか、ぜーんぶ、自分の外。今目の前にある考えなきゃいけないもの以外は、全部どっかに出してしまいましょう。

ただし予定とかは、完全に忘れてすっぽかしちゃうといけないから、思い出すべきタイミングをその都度考えて、リマインド通知が飛んでくる場所に書き出しておくと良いですね。Google カレンダーとかで良いと思う。

どうすか

よくわかんないと思うけど、要約すると

僕らは作業/保存スペースの両方を脳の中でやってるけど、それは効率が悪そうだから、保存スペースは全部外に出そう

という話です。この一文を書いた時に、「あー、これ、1回ツイートすれば終わる話だったわ」って思った。

なので、以降、続きを書きます。そのうち。

注意事項

これをやると、思いついたことは基本的にどこかしらに出さないといけなくなるので、まあなんていうか黒いものも全部出すことになるし、心の狭いやつらには嫌われていくよね。でもそんなのどうでもいい、俺は自分の頭が回転することに集中したいんだ。

同時に処理する機能を真似てみる (CPUをいい感じにするには)

ヒュージページというものがあってな (RAMをいい感じにするには)

最近誰もやらないディスクのデフラグ (HDDをいい感じにするには)

ディスクスワップという仕組みを今更 (RAMとHDDの連携みたいなさ)

再起動の重要性 (記憶を無くすまで酒飲んで寝ろ)