karashi39とはいったい

夢と希望と明日と正義を讃える

ピルクル、ピルクルGOLD

コンビニに行ったら必ず買うものって、人それぞれあると思います。

私の場合は、

なんですね。
この三つの中で仲間外れを選ぶ場合、健康の観点ではピルクルが、はみごです。なんと唯一健康に良さそうなイメージがあります。

  • 名前がかわいい
  • 色もかわいい
  • 味は当然おいしい
  • 生きたまま腸に届く乳酸菌(NY1301株)がお腹の中で大活躍し、お腹の調子を良好に保つ特定保健用食品(トクホ)である

しかしピルクルには、思わぬ弱点があることが、徐々に知れ渡ってきています。なんのことかわかりますね。飲んでも酔っぱらえないことではない。


f:id:karashi39:20180520191056j:plain

なんと摂取量の目安が、65[ml/日]になっている。
これでは気のすむまでピルクルを飲むことができない!!

しかも、開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早めにお召し上がりください。と書いてある。
500mlのパックにはいってんのに!!一人暮らしだったら一週間かかるけど、それは大丈夫なのか!? 1リットルのパックとか見たことあるけど、あれはどういうことなのか!

みなさんも、結構この話には気づいていて、

  • 目安でしょ。細かいこと気にしなくていいんじゃない?
  • 面倒だし俺は他のジュースを買うよ
  • ヤクルトファンだし、ピルクルを買うのは裏切りだ...
  • 毎日買って行くお客さんがいて目安を守っているとは思えないが、こちらは商売だ、売れさえすればいいんだ

などという邪な態度を取りがちになってしまいます。
そんな、必要な悪が多い世界は嫌だ、解決できることは解決し、気持ちのいい世界で暮らしたい...
そういう経緯で*1登場したのが、ピルクルGOLDです。


f:id:karashi39:20180520191817j:plain

美しいフォルムです。
以前は朱色ベースのデザインだったものが、今回は金ピカです。 なんだか非可変MSとして設計され、調子に乗って可変MSに転用しようという話が持ち上がったが、やはりやめた、という謎の経緯がありそうです。
乗ってる人の正体もそろそろ気にならなくなってきた*2ことでしょう。

パッケージからわかることは、

  • 入っているカゼイ菌の種類は同じ、当然生きて腸まで届く
  • ローヤルゼリーが配合されてる
  • 他にも健康そうなものが追加されている
  • トクホではなくなった
  • なぜか重さで内容量が示されている
  • 発売が25周年を迎えたらしい(おめでとうございます)

すばらしいですね。完全に上位互換という感じです。
もちろん、その分いままで突出していたパラメータの値がだいぶ下がっているという可能性も考えられます。

しかし、これを見てください。

f:id:karashi39:20180520192435j:plain

摂取量の目安がなくなっています。まじか!飲み放題だ!
トクホでなくなったので、そりゃそうですが、細かいことをいちいち気にしてしまうタイプの人にはありがたいお話です。
ローヤルゼリーにアレルギーがなければ、完璧です。

また、写真は切れてしまっていますが、問い合わせ窓口が同一の電話番号です。このありがたさがわかってしまう皆さま、お元気ですか。


f:id:karashi39:20180520192848j:plain

『リアリティ』のために知っておかなくてはならないのだよ!

味もみておこう

味はですね、ローヤルゼリーっぽい味が加わりましたが、基本的には同じです。同じ感じになるように調整されているんでしょう。色も一緒です。

しかし写真を見てわかる通り、65 [ml/日]という目安を守るためにショットグラスを用いるという工夫が、今後は必要なくなります
今回色を見るためにグラスに注ぎましたが、もうそんな必要はないんです。紙パックにストローをぶっ刺して飲みましょう。


ちなみに、混ぜるとどうなるんでしょうか?

ショットグラスはだいたい30mlなので、2杯いけます。今日はもう1杯いけるってことです。

その貴重な1杯を利用し、飲料無制限のピルクルGOLDと割合1:1でまぜて飲んでみました。こういう実験をやるのは非常にユーチューバーっぽいですね。

結果としては、ピルクルの味がします。とにかくうまい。


f:id:karashi39:20180520194250j:plain

えっ... 期間限定なの...

まだだ、まだ終わらんよ。

君は、刻の涙を見る…


*1:僕の妄想です

*2:そもそも、作品としてクワトロの正体を隠しているという雰囲気はあまりなくて、ただ世界観の中での立ち振る舞いとしてシャアであると言うわけにはいかないクワトロが、シャアみをお漏らししながらも日々別人として生活している、という大人向けな描写になっていますよね。大変魅力的です。