karashi39とはいったい

夢と希望と明日と正義を讃える

いまさらながら関東大会の話

関東大会

っていうのがありまして、正式名称は 日本パイプクラブ連盟 のサイトとかを見てください。とにかく関東大会です。

パイプタバコっていうのは、スタンダードなパイプと葉っぱなら1時間ちょっとくらい燃え続けるんですが、謎の技術を駆使することによって同じ条件でも長時間燃やし続けることが可能になり、その燃え続けた連続時間を競うという大会です。

そんなことをして何がたのしいのか?

別に長時間燃やしたいという願望をみんな持ってるわけではないんですけど、長時間燃やす、ロングスモーキングっていうんですかね、それの技術があると、普段の喫煙がおいしくなるという事実があります。それを促進して、あとは同好の士で集まる機会という感じでしょうか。

私の成績は

真ん中くらいでした。初めて1年経っていない初心者の成績としては、頑張った方ではないでしょうか。とはいえ、これは細かい理由は説明しませんが、スコアを狙いすぎると3分くらいで火が消えてしまって失格という事態になりがちで、それのせいで潜在的上位集団の半分くらいは最下位の方に記録されてしまうので、実際の私のタイムは真ん中より下くらいでしょう。でもまあ、いいほうじゃないか!いいほうだとなにがいいのか、まったくわからない。

全国大会...!

関東大会があるんだから、全国大会もあります。我々の常識でははかりきれないのですが、なんと地区大会で勝たなくても全国大会にいけます。予選とかそういう概念はない。

世界大会

なんと世界大会も存在します。2018年の世界大会は会場が日本です。いまからみんなもパイプを初めて世界の人々と戦いましょう。たぶんこれも、予選とかいう概念はない。

今回言っておかないといけないのは

こういう話を友達とかにすると、「いいね、応援なら行くよ!」という話がでるんですが、パイプの大会は観戦できないことがあるんですよね。別に悪いことをしているわけではなくて、なんかセキュリティ的な事情なんですけど(ますますあやしい)、まあはいりきんないし、みてても誰も動かないから面白くなくて、観戦可能にする努力ははなからする気はないという感じです。予めご了承ください。