読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karashi39とはいったい

夢と希望と明日と正義を讃える

Life Stick の設定でハマったこと

というか妹がハマってたことです。

私が設定に行ったら、すごい簡単にセットアップできたんですが、妹は機械のことはよくわからん、一般的な若い女の子なので、同じ感じでハマっている人がいるのでは?と思いました。国民が全員ある程度のリテラシがあると思うなよ!

Life Stickとは?

レオパレス的なアパートとかで使われているインターネット接続機器のようです。詳しくは知らない。知ってもいいことがなさそうですが、レオパレスではもはやこれを使っていくしかなさそうだし、使ってみたらわりと便利だったので、良いのではないでしょうか。

作業内容

設定のはじめかたがわからない

とりあえずブツと説明書はもらえたようで、こんな感じで接続しました。もう、よくわかんなくても、穴の形が一緒だからつなげればいいという感じです。

f:id:karashi39:20161010120338j:plain:w300
どれがLife Stickなのかわからない気がしますが、これです

しかしここからどうしていいのかわからなかったようで、説明書を読もうとはしてみたみたいですが、意味不明でどうしようもないという状況で1ヶ月過ごしたようです。そして、誰に頼ればいいのかもわからん状態。そういうことってありますよね。

f:id:karashi39:20161010120317j:plain:w300
これが説明書

四角1の手順なんですが、HDMI入力端子に接続、というところまではできていましたね。穴が一緒だから。 しかし、「TVの入力切替で接続したHDMIに切り替えてください」という文章の意味が不明で、次に進んでなかった。 最大のハマリポイントはここです。

HDMIって何なの?

謎のアルファベットの文字列。これはもう、わからん人はとっては全面的に諦めるきっかけにしかならないのでよくない。 そんなの常識だろ、とか言って切り捨てる人は、こいつに質問しても不愉快な気持ちになるだけだからもう頼らん。と思われるだけなのだ。 しかし、私としては、そんなことわからんでもいいから、操作だけ教えておこうという気持ちに。

入力切替というボタンが、今ドキのテレビっぽいもののリモコンにはだいたいついている気がします。これを押せ、ということですね。
リモコンの「入力切替」ボタンを押せ
説明書にはこう書いてあるべきです*1。具体的な手順を示してくれないとわからんぞ。

というわけで押してみたんですが、入力切替を押すと、こんな画面に。なんか入力が5種類ある。

f:id:karashi39:20161010120358j:plain:w300
設定後に撮影したので、動画がうつってます。妹の部屋で変な*2動画を観てしまった。

????

もう、入力切替という概念がよくわからない人には、よくわかりません。適当にボタンを押しまくると、入力が切り替わります。 うまくいけば、それっぽい画面がうつるので設定をはじめられますが、入力切替って、切り替えてから画面が映るまでタイムラグがあって、せっかちな人だと映ってないからだめ、となってまったく先にすすまないよね。

答えとしては入力3にせよ、ということなんですが、それはどこでわかるのか?ということも、個別の機械の仕様なので、わからん人は永久にたどり着けない。なので、ここを見よ!というところだけ教えておきました。

f:id:karashi39:20161010120348j:plain:w300
入力3 ってかいてあるやろ

はい。これでもう大丈夫です。

その後

おそらくググればでてくる、具体的な設定手順に沿って設定をします。設定画面にたどり着ければ、日本語でメッセージがでてきて対応するだけなので、妹でも設定できました。ユーザビリティを考える上で、操作をわかりやすくすることは必要ですが、そもそも操作がはじまらんケースがあることを我々は想定しておかないといけないのだ、と学んだ。

なんかLife StickはAndroidになっているっぽくて、Google Playとかありましたし、Youtubeとかみれるので、これで一日中動画を観ていられるみたいな気持ちになったらしく、大丈夫なのか?と思った。

あと、Wifiルーターの機能もあるので、これだけあればスマホもPCもネットにつながっていい感じです。便利ですね。十分便利です。月額2000円で済むらしいし、十分。レオパレスに住みたくなりました。

*1:どんな場合にも共通していないからかけないだと?そういう発想はもうやめよう。この説明書に限っては、理想のために現実を犠牲にしている印象しかない

*2:失礼だけど妹からしたらそういう印象なのだった