karashi39とはいったい

夢と希望と明日と正義を讃える

ビデオ会議はコミュニケーションにおける銀の弾丸ではない

リモートワークがなかば無理やり普及する形となり、テキストベースのコミュニケーションが増えた、そんな中

チャットツールやらよりも、対面のコミュニケーションの方が、なんとかなりやすい

という話がある、みんなもそう思っていると思う

でも実際は、そうでない場合がある


まず、3種類のツールに言及する

  • テキスト
  • 音声
  • 映像

文字だけの情報だと、ニュアンスが伝わりにくい

また、そもそも文字がかけない、よめない、というタイプの人がいる*1

音声になると、記録の機能を人間が負担することになるが、それはいつか解決するかもしれない*2

記録をしないとなれば、記憶という形で負担をすることとなる

ニュアンスが伝わるようになるので、伝わる情報は一個プラスされる、この一つは大きい

リアルタイムになるので、考える速度が遅い人には、不利な状況が生まれる

映像も音声と基本的に同じだが、表情という大きな情報が一つまた加わる

テキスト 音声 映像
文章を書く負担 ❌あり ⭕️なし ⭕️なし
記録・記憶の負担 ⭕️なし ❌あり ❌あり
思考速度のハンディ ⭕️なし ❌あり ❌あり
声色によるニュアンス ❌なし ⭕️あり ⭕️あり
表情による感情 ❌なし ❌なし ⭕️あり

※ ⭕️はうれしいこと、❌はうれしくないこと

ヒトは、信頼関係というインフラの上で情報をやりとりするので、声色や表情が伝わるだけで、信頼関係を維持しやすい*3

かに思える

しかし、たんに感情情報が伝わったから信頼関係が維持されると思ったら大間違いだ

実際は、感情情報が伝わったからではなく、相手の感情情報を受け取った側がそれを自分の行動や発言に反映することで、相手を無下にしていないことを伝えられるから、信頼関係が維持される

フィードバック回路のようなものだ

f:id:karashi39:20200401153622p:plain

このフィードバック配慮が無意味と考える人種は意外と多い

生まれつきか、訓練をさぼったのかはわからないが、感情情報を受け取りにくい人たちもいる*4

そういった相手と音声や映像でコミュニケーションをすると、記録・記録の負担や、思考速度のハンディに加えて、自分だけが相手に配慮するという巨大な負担が発生する

そもそも相手に配慮すると、程度の大小に関わらず自分の都合を曲げることになるので、両者が行なっていたとしても負担はある

これはテキストでも同じように思えるが、テキストの場合は受け取る感情情報が少ない分、配慮に割くエネルギーも少なく済むことが多い

感情情報[少] 感情情報[多]
お互いに配慮 信頼関係 ↑ 信頼関係 ⬆︎
一方のみ配慮 信頼関係 ↓ 信頼関係 ⬇︎
両者配慮しない 信頼関係 - 信頼関係 -

もちろんこの表は、たんに傾向を示しているだけだし、方向を無視した*5雑なものだ、が

音声や映像が常にプラスに働くわけではないことは確かだ

両者配慮しない場合は特に信頼関係に影響はないように思われる、が、これはやめておいたほうがよいだろう*6

メンバーが、電話やテレビ会議よりもテキストのコミュニケーションを求めてきたら、おそらく一方的に配慮をさせられるためにつらく、効率が悪いのだと言いたいのだろう、反省しなさい


配慮、配慮、と雑に説明してきたが、ようするに相手を無視するな、ということ

相手の話を聞かない、相手の話を途中で遮る、相手の話をふまえずに自分の伝えたいことだけ話す、というやり方をすれば、信頼関係は下がる方向に変化するにきまっている

一方的に何かを伝えたいのであれば、それこそテキストできっちり書いて送信すれば良いのであり、相手を無視するくせにビデオや電話でわざわざ感情情報を増やせば、配慮する側の人間が一方的な配慮の負担を強いられ苦痛に感じる

リモートワークが普及するにつれ、このことは多くの人が実感するようになると思われる

他人を無視する人種が一定数いる限り、音声通話やビデオ会議は、信頼関係の維持には繋がらず、むしろ低下を招く

ようするに、人の気持ちをわかろうとしない奴は、リモートワークが普及すれば淘汰される

ので、人の気持ちをわかろうとしたほうがよい

といっても無理な人がいるそうなので、ツールの選択を適切に行うことが重要と思われる


僕が若い頃、はい論破、という言葉がネット上でよく使われるようになったように思う

論破の仕方、議論で勝つ方法、みたいなインプットをする人たちも沢山現れた

敵に対しては、それができれば良いのだろう

でも、味方に限らず、敵ではない人間に対して、議論で勝つ、論破する、みたいな方向で接するとどうなるか

嫌われるだけである

彼らは、自ら進んで嫌われる方法をインプットしていたのだ、本当に馬鹿げている

もちろん、みわたすかぎり敵、という氷の時代があったことは確かだが、そこでも結局味方を作れない奴が負けていったように思える

*1:彼らは3行、または15文字を超える文を読まない、つまり俳句すら読めない

*2:音声認識の精度が上がり次第なんとかなる、録音の場合は、結局文字起こしが必要

*3:プラスのことはする、マイナスのことはしない、という二つをお互いにやっている前提を持てる、のが信頼関係である。詳しくは拙著「コミュニケーションの3大要素」を読んでほしい。そんな本は書いていないが

*4:どうやら医学的には、俳句が読めない状況とはまた別のものとして定義されているらしい

*5:本来は配慮してもらえない側と配慮しない側の二種類があるが、配慮してもらえない側の感覚しかわからん

*6:結局、外世界と関わらず仲間内だけでやっていける人生というのは、現実的ではないためだ

お笑いコンビの理想のパワーバランス

コンビのパワーバランスの理想の比率は 5:5、 つまり対等が理想とされている。

なぜか?この足して10になる比率の数字を掛け合わせてみよう...

  •  1:9 のコンビなら  1 \times 9 = 9
  •  5:5 のコンビなら  5 \times 5 = 25

となり、3倍近くの差がつくのだ!

...

この理論は千原ジュニアさん発信のものだそうで、理屈として不可解な点はたくさんあるものの、実力者の言うことであるし僕らの実感とも一致すると思う。

実感と一致する理論を、理屈の上でくつがえそうとすると、結局実感とはかけ離れたケースを持ち出すことになる。くつがえす側の言うことは理屈の上では正しいように思えるだろうが、実用性がない。実用的に考えて、この理論を正しいとして話を進めたい。

さて、このパワーバランスは合計を10という数字にしているけども、別に100でも1でも良いわけで、ただ単にわかりやすい桁にしている。100%をどう表すかという問題だ。しかし僕は思った。トリオだったらどうなるんだ?

四千頭身という漫才トリオがいる。漫才なのにトリオという強さが...みたいな話は他所に任せて、数字の話をしよう。仮に、パワーバランスが全員対等だとする。すると、一人あたりのパワーは  \frac{10}{3} だ。すると掛け算の結果は

 \frac{10}{3} \times \frac{10}{3} \times \frac{10}{3} = \frac{1000}{27} ≒ 37

これは強い。対等のコンビより、対等のトリオは強い。もちろん、パワーバランスだけで全てが決するわけではないので、コンビはトリオに勝てないという話にはならない。が、この数字はやはり実感と一致するように思う。ダチョウ倶楽部ネプチューン東京03 も、パワーバランスが均等に近いトリオはかなり面白く感じる。

しかし僕がしたかった話はこれではない。

ウエストランド という漫才コンビがいる。タイタン所属、2008年結成、笑っていいともにも出ていたし、M1の敗者復活にだって行ったことがある。彼らのパワーバランスがすごい。それは

 20: -10

とうとうマイナスが登場した。合計が10なので、ルールは守っている。ウエストランド の役割はボケ・ツッコミではない。敵・ウエストランド で、これはネタだけを見ていたのではわからないが、とにかく実態の数字はこれだと思われる。

ウエストランド の事務所同期である 日本エレキテル連合 は、私たちのパワーバランスは  10:0 だと自己申告している。パワーバランスのスコアが 0だとしても、流行語大賞クラスのハネかたができる事が証明された...とかの話は他所に任せて、同じ事務所の同期を比較対象としてウエストランド の事を考えると、数字的には 20:-10にでもしないと辻褄が合わないのだ。

さて、注目のスコアは... (賢明な読者諸君ならお気づきだろう、お気づきでない場合は賢明でないことの証明となる)

 20 \times -10 = -200

ウエストランド 、とうとう  -200

ちなみに先ほどの計算では、四千頭身 37だった。千原ジュニアさんは最高得点は25という趣旨の説明をしていたが、このお笑い第七世代の二組が、漫才師としての限界を上にも下にも大幅にぶち抜いてくれた。インパクト的にはどう考えてもウエストランド が圧勝だ。いい事なのか?

しかしこのウエストランド、ここまで読んだらどんな飛び道具芸人かと想像するだろうが、目指すは正統派漫才師。 -200の十字架を背負いながら、ウエストランドウエストランド 担当である井口さんが、敵である河本さんに手足を奪われながらも、正統派の漫才を目指しながらM1の敗者復活出場まで漕ぎ着けたのだ。すごい!

ちなみに敗者復活出場は2018年大会の話で、2019年大会では敗者復活まで行けなかった。なぜか?敵が強くなったのだ。適当こいて 20:-10とか書いてしまったけど、大まかな方向の話だと理解して欲しい。そして今は、マイナス側がどんどん大きくなっている。すごい!

もう書く事があまりなくなってきたのだけど、とにかくウエストランド はすごいので、注目しておいて損はないと思う。

占いを嫌うやつのアホ具合

僕は、占いなんて...と思って30年くらい生きてきたけども、歳もとっておみくじくらいは毎年やるようになったし、占い師による占いも何度か経験して、活かし方がわかってきたように思う

そして、占いを嫌うやつが言うことは基本的に馬鹿げていることに気づいた

まず

占い否定派の意見を検討していく
先立って除外されないといけないものは2つ

  • 占いを悪用した詐欺の存在
  • 占い依存症による問題

よく考えて欲しい、これらは占い自体の問題ではない

占い詐欺師は占い師ではない、結婚詐欺師と比べてどうちがうだろうか、だから結婚を否定するのか?
別の方法で結婚は否定されるべきものだとしても、そのロジックは占いの否定には応用できない
また、占い依存症は、完全に使う側の問題なので、除外すべき。コーラを否定するのか?

すると、残るのは次のようなものになる

  • 当たるわけのない方法を用いている
  • 誰にでも当てはまる事を言っているだけ
  • トリックを用いている

具体的な言葉をあげるとキリがなくなるので、一般化したため、説明が必要な書き方になってしまった

まず、当たるわけのない方法を用いている、というのは、要するに"人間の性格が12種類な訳がない(星座占い)"だとか、そういうものだ。つまり、当たらない事に関しての反論となっている。しかし、これを口にする人間はかなりの確率で次の反論も口にする。

誰にでも当てはまる事を言っているだけ、たとえば"あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。*1"みたいなものを、自分だけの事だと思ってしまう現象を利用している、というもの。そして次のことに気づく。

トリックを用いている。なんらかの自分が知らない方法で、自分に固有の情報を当てているというもの。結局、占いはオカルトな方法で何かを当てるものと信じられているが、実際はオカルトな方法ではないという事が問題視されている

さて

占い否定派の彼らの矛盾はこう

  • 当たらない
  • 誰にでも当てはまる事を言っているだけ

どっちなんだ?誰にでも当てはまる事を言っているのだったら当たっているじゃないか しかし、彼らの関心の中心はこれだ

  • オカルトな方法ではない(トリックである)

ということは彼らは、オカルトな方法により、現世の理論では当てようのない自分固有の問題、について言及することを占いに期待しているとわかる

しかし、この感覚がすでに時代錯誤なのだ
亀の甲羅を炙って今年の政治を決める...というレベルの昔具合の話をしている
占いを好んでしにいく人と言うのは、別にそこまで占いで何もかも決めようとなんてしていない

当たるも八卦当たらぬも八卦

と、占い肯定派は最初から自己申告している
当たったり当たらなかったりするものを聞いてどうするのか、ということだけども、それの活かし方を考えられないところが、占い否定派のアホなところ、お子ちゃま、童貞、独りよがり、という感じであり、これに関して具体的な説明をここに書くのではいつまでも彼らはお子ちゃまなので、自分で少しは考えてみなさい、と思い至った。

考え方について、占いに関して当たっていない可能性が高い部分について考えるのがよい、とだけ言っておく
当たる確率が高い部分、誰にでも当てはまる部分や、トリック的なもので当てた部分は、つまりムード作りです

とにかく、誰かに何かを言われた時のコマンドが "信じる" と "信じない" の二択、そこに"ググる"が加わった三択しか持ち合わせていない程度のやつは、アホ

*1:フォアの実験より引用

出社のコストが高い

メモです

これは、基本がリモートワークの人間のうち、僕の場合の話なので、勝手に自分に置き換えて文句を言うのはやめてくれ

出社すると、

  • 出社自体で発生するストレス
    • 準備時間
      • 会社に行けば仕事に必要なものが揃っているわけではないので
    • 移動時間
      • 遠い、だから基本がリモートなわけで
    • 移動にかかる費用
      • 自費でタクシー乗らざるを得ない場合とかあるでしょ、付き合いで酒飲んだりして
      • 体調管理のために、あずさやかいじに乗った方が良い場合がある
        • 満員電車はインフルエンザの温床だと思いますよ
    • 移動に使う体力
      • 個人的な問題だけど、体力がない
  • 出社に伴うリスク
    • 出くわす他人からストレスを受けるリスク
      • 目撃するだけで精神的ダメージを食らう人物(基本的には知らない人)、いるよね
      • 知り合いでも、不必要にストレスを与えてくる場合があるかもしれない
      • 病気をもらう、特に冬
    • 所有物を紛失するリスク
  • 高リスク下で行動するストレス
    • 出くわす他人にストレスを与えないよう気をつける
      • みんながそれをすればよいとおもいませんか、しかし世界にはサボる奴がいるので、しわよせがある
    • 所有物を紛失しないように気をつける
      • 荷物が多い上に、移動時間が長いのだから、気を張っていないと行けない

というわけで結構なダメージを食らう

老い具合によるだろうけど、1日出社したら回復に2日は必要、いや、だるいとかじゃなくてね

ダメージを食らった状態で作業をするとミスを連発してさらに消耗するでしょ、ミスは他の人にも迷惑をかける

結局、1ヶ月くらいの視点で見たら、むやみに出社しない方がコスパが良い

ねんのためにいて欲しい、みたいな発想で出社をさせようとしないでくれないか

切り札は最後まで取っておけ!とはどういうことだったのか

大富豪/大貧民の、僕の勝利法メモです。必勝法とまでは行かない気がします。

みんなやってる気もするし、僕の周りではみたことない気もする

勝利への流れ

  1. 手札から想像して、作戦を立てる (2回目以降とくに)
  2. ゴミ札を使って、うまいこと他のプレーヤーに切り札を使わせる
  3. 自分は切り札を最後まで残すようにする
  4. そのためパスを多用
  5. 場に出た切り札はカウントする
  6. 手札が切り札だけになったら、全部出す

切り札とは...

8切り、みたいな感じで、流れを一旦切るやつ
自分の好きなカードを出すために重要

カードの種類

  • 確定切り札 ... 出せば絶対切れる
    • Joker ... 数枚出しの流れでなければ切れる ※アガりに使うのは禁止
    • 8 ... 出せば絶対切れる 8切り ※アガりに使うのは禁止
    • 5 * (人数-1)枚 ... 5スキップ の結果、切れる (5人プレイになったら破綻)
  • 昇格待ち切り札 ... 上のカードがなくなったら絶対切れる
    • 2 ... Jokerがなくなったら昇格、もしくは3枚組とか、Jokerが1枚でたなら2枚組でも昇格 ※アガりに使うのは禁止
    • A ... Joker, 2がなくなったら昇格、 Joker + 2 とかがあるので、2よりちょっとシビア
  • 逆転時切り札 ... 革命や11バックの時
    • 3 ... カウントしておく ※逆転時、アガりに使うのは禁止
    • 4 ... ゴミ札なのでカウントはいいけど、3がなくなったら昇格するので意識する
  • ガリ札 ... アガる時に便利な札
    • 10 ... 10捨て
    • 7 ... 7渡し
    • 片方だけ残す
      • 当然ながら、アガるのは1回だけなので、どちらか片方だけ残していけば良い
      • 枚数が多い方を残す
    • 同じ枚数(捨てられる数)のゴミ札も一緒に残す
  • ゴミ札
    • 5 ... 少なかったらゴミ
    • 6 ... ゴミ確定
    • 9 ... ゴミ確定
    • J ... 11バック ができるけど、敵の切り札を出させるためにはむしろ邪魔
    • Q ... 11バック の可能性が一旦消えるので、積極的に出して敵に切り札を切らせる
    • K ... Qに同じ

カウントについて

正直、全部カウントできるならそれがいいけど、僕は無理なので、Joker、2、Aのみの残り枚数を頭の中で数えてます

最初に A-2-J が 4-4-2 あって、自分の手札を引いた数を覚えて、0-0-0になるのを目指しましょう

3は、どうしても勝ちたい時はカウントする、という感じですね

余談

大富豪って、ローカルルールいっぱいあるんですね

5スキップ 7渡し 10捨て は初めて聞きましたし、11バック は存在だけ知ってました

この記事では紹介しませんが 9リバース もありました

スペ3はJokerに勝つ とかも聞いたことありますが、今回やっていったアプリではナシでした

アガり禁止札とかはやってましたし、Jokerは7の能力までコピーするとか...ローカルルールという感じですね

ルールが多い方が、なんていうか遊戯王みたいで楽しいです

さて実戦

1戦目

作戦

手札は

3 3 3 4 6 7 8 10 J Q K A A 2

なので、7か10でアガろうと思う

ゴミは以下

3 3 3 4 6 J Q K

すると、こういう優先順で残すように戦う

  1. 7 or 10 の片方 + J
  2. 8
  3. 2
  4. AA
  5. K or Q (切り札をださせるのに使う)
  6. 4, 6, 333

カウント

また、自分以外のプレーヤーが

  • Joker ... 2枚
  • 2 ... 3枚
  • A ... 2枚
  • 3 ... 1枚

をどうにか分散して持っているので、これをカウントしていく

試合ダイジェスト

1巡目
  • 自分スタートだったので、4を切る
  • すると階段の流れになり、自分の番で7になる
  • 7を出せたので、ついでにゴミの6を渡す
  • 8で切られてしまった

残りカウンター

Joker 2 A 3
2 3 2 1
2巡目

Q*3でスタート、何も出せず

しかしアホのつよしが、Joker + A*2 でカウンターを進めた

残りカウンター

Joker 2 A 3
1 3 0 1
3巡目

10 * 2 でスタート

アホのたろうが、なぜか J + Joker でカウンターを進めた

3で切れるが、3枚持ちなので、無理に出さない

残りカウンター

Joker 2 A 3
0 3 0 1
4巡目

6 * 2 でスタート

残りカウンターにある 2 * 3 を探したくて、A * 2を出してみる

しかし、切れてしまった

ので、それぞれ2の一枚持ちということがわかった

(この推理はCOM戦ならではなので使えない。僕だったら、ゴミ札が消えるまで2は切らないので...)

5巡目

自分スタート、Qで誰かが2を出さないか待ってみる

しかし 檄しば になったので、誰も出せず

アホのつよしのもつ2はダイヤといういらない情報が入ってくる

6巡目

つよし8切り

7巡目

9 でスタート

Kを出して2が出るのを待ったところ、次の人が出した

残りカウンター

Joker 2 A 3
0 2 0 1
8巡目

3 でスタート、階段に

何も出せず終了

9巡目

7 でスタート、すぐに8切りされて終了

たろうがウノになったので、複数出しは対たろうの切り札となった

また、いつのまにかつよしも残り2枚なのであった

この時点で手札が

3 3 3 8 10 J 2

だった - 2は切り札確定 - 8も切り札確定 - 10とJはアガリ

というわけで、3 * 3 が通れば、勝利と確信

10巡目

4 * 2 でスタート切られた

11巡目

5 でスタート

即座に2で切って、あとは全ての切り札を出して、10 (10捨てJ) で アガった

動画

drive.google.com

2戦目

って思ったんですが、別に僕が最強アピールしたいわけじゃなくて、僕の戦い方の紹介なので、目的は果たしたからあんまくわしく書きません

ポイントは

  • 交換するのは小さい数字とかより、ゴミ度が高いカード
  • 大富豪なのにJoker一枚もないという憂き目にあったので、最初から大きいカードを出して切り札を出させる作戦に
  • 対子場だったので、革命はないと判断して、3,4を早めに渡し
  • やはり10捨てでアガり

drive.google.com

余談

  • 大富豪なのにJokerがないとき、4人戦なら富豪と貧民で2:0か1:1で持ってますが、平民がいるとそいつが2枚持ってるかもしれなくて読みにくくなります
  • というか大富豪が強いのは、強カードをいっぱい持ってるからじゃなくて、敵の切り札を読みやすいからですよね
  • 10 に J を出して、しばり + 階段 の檄しばで、出せるわけがない...という切り札もありますが、作戦立てている段階で狙うものじゃないです
  • 7渡し で 5 をあげちゃうと、 それで5が揃って切り札昇格...とかあるなって思いました。次から10と7なら10を先に使おう
  • 切り札温存のためにパスを連発するのは、人によってはブチギレられるので、注意しましょう
    • いやでも、出せる時は出せよって発想の人、それだと本当に宝くじみたいなゲームにならない?楽しいのそれ?とは思ってます

というわけで

ポイントはタイトルの通り、「切り札は最後まで取っておく」 = 「他人の切り札を出し切らせれば勝利が見える」でした

僕はストーンオーシャンを読んで、「逆」の大切さ、を知りました

7渡しは攻撃じゃなくてアシストになってしまう可能性だってあるし、手札が少ないということはアガりが近いだけでなく切り札を読まれるということになるし、QやKは数字はでかいけど切り札にはならない分けっこう邪魔だし...

豚の逆はシャケです。そういう感じでやっていきましょう。

おためしあれ

誰が言ったかではない、何を言ったかだ

という考え方には無理が来ているんじゃないかな

ばななな人たちに向けて先に断っておくと、何でもかんでも偉い人が言ったことを盲信しろって話ではない

極端な例を出すと、たくさんの話がなされた場合、全ての話が検証されなければいけない

その手間は圧倒的にコスパがわるい、わかりますよね

そして、ちかごろの世の中というのは、そいういう状況が実現してしまっている

インターネットのせいです

そこで、誰が言ったかではない...というような自由主義的なやりかたで話の検証を行うと

見えざる神の手に頼ったパワーバランスの変化の波が収束せずに、振り回される羽目になります

なってるでしょ、実際

かといって、人々の話に対して社会主義的なアプローチをとるというのには、けっこうかったるさがある

社会主義的なアプローチというのは、僕がパッと思いつく一例は、話にLintをかけて...みたいなことですけど

つまり、人力による、話の内容の検証を行わずに済む方法をとることです

その中でも原始的なものは、誰が言ったかで判断する、という方法ですね

本当にクソだと思う

なんかわからんでしょ、この話

「誰が言ったかではない、何を言ったか」を否定し始めたから

こいつは「誰が言ったか」をおすのか?とおもったでしょ

ちがうんですね

「だまれ!!!!!!!!!」

と言いたいところですが、それでは大変不便ですので

みなさんニュータイプになりましょう

よろしくお願いいたします