karashi39とはいったい

夢と希望と明日と正義を讃える

低ググラベーションなワード

あいみょん という文字を初めて見かけたのは、子供が集まる匿名SNSの投稿で、ググラビリティの高いワードだとは思うが、ググらなかった

どうせ、メンヘラキャラで売っている地下アイドルかなんかだろうと思ったのだ、文字列的に

あんま知ろうと思わないでしょ、メンヘラ地下アイドル

でも違った、アラサーの僕からすると、若いミュージシャンで変な名前のくせに音楽はめっちゃ正統派で、好き好んで聴きたい感じのやつだった

それはそうと、変な名前はググラビリティは上がっていく一方で、ググラベーションは下がっていくものだ

これから何かに名前をつける人は覚えておいてください

  • ググラビリティ (ググりやすさ)
    • ググったらすぐ狙った情報に出会えそうか?
    • 一般的なワードの組み合わせは厳しい印象がある
    • 実際ネットに情報があるかは関係がない
  • ググラベーション (ググりたさ)
    • そもそも、そのワードをググりたいと思うか?
    • オッサンは、変なワードをググらない、興味がない
    • キッズは、そもそもグーグル検索を活用しない

なお、あえてググラベーションを下げていくのもアリだとは思う

体感時間と、永遠の若さ

体感時間がどんどん短くなっていく

という話がある。今まで生きてきた分の時間の長さが基準となり、体感時間が長くなっていくという。

0歳の1年を基準に、1歳の1年を考えると、1歳になった時点で経験してきた人生の長さは1年だから、 1 \div 1 = 1 で、0歳のときと同じ速度で時間が流れるように感じるが、2歳なった時点では人生2年を経験してきているから、 1 \div 2 = 0.5 で、0歳の1年と比べ、今の1年を半分くらいに感じる...という話だ。

つまり、体感時間  T{e} *1は、年齢  x{a} *2により、こんな風に表される。

 T{e} = 1 / x{a}

グラフにすると変だけども

これをグラフにしてみると、うーん厳しいという気持ちになる。実際グラフにしたものがこちら。

f:id:karashi39:20190719174810p:plain

なんか、俺の人生こんなに薄いんかい!ってなっちゃう。

けど、実際、自分の人生の長さとかが思い出せるのって小学生くらいからだと思うので、始まりを0ではなく10くらいにすることにした。

f:id:karashi39:20190719181407p:plain

なかなかいい感じのグラフになった気がする。体感時間は、それまで経験した人生の長さによって決まりそう、ということは、良さげな話だ。

アラサーを迎えてみて、理論増築

しかしなあ、例えばこの理論でいくと、30歳の時の1年は 1/30で、 15歳の時の1年 (1/15) の半分くらいに体感しているということになる。僕の年齢は30を超えたけども、実感として、それは何だか変な気がするんだよ。というかなんか日によっても感じる長さが違うんだから、ちょっと無理がある。しかし、この理論はなんだかまともな気がするので、基本的な理論を残したまま、この無理をなんとかしようとおもう。

 T{e} = 1 / x{a} を、今感じている時間の速さ情報量は、過去に経験した時間の長さ培った情報量によって変わる。と変えてみよう*3

過去の人生の長さではなく、過去に培った情報量と変更するのは問題なさそうだ。基本的に、長く生きれば、それだけたくさんの情報を蓄積できそうだからだ。

また、今感じている情報量としたことにより、日によって処理する情報量が違うのだから、日によってばらつきが出るという問題を解決できる。当然、全く新しい課題の発生により、過去の経験が役に立たないものについては、体感時間は長くなる。また、楽しさなどによって変化する体感時間も、情報の性質について屁理屈をこねればなんだかいけそうな気がする。あると思います。

というわけで、いったんグラフを用意してみた。

f:id:karashi39:20190719175829p:plain

右上の式を見ればわかる通り、このグラフは基本的な理論を残しつつ、まったく根拠のないデタラメによる変化を加えている。が、新しいことへの挑戦が始まれば時間が長く感じるようになり、慣れてくればまた下がっていくのだ...という内容を表現できている気がする。

というわけで

感じる時間の速さは、実は情報処理の速度に依存するものであり、さらにその情報処理速度は、今まで培ってきた情報によるヒントで変化しているのだ...みたいなゆるい結論を提示したい。

するとちなみに、結局この式は分数であることから、理論上、分母にあたるものを限りなく0に近づけることにより、体感時間を無限に増大させることができるのではないか、と思いついた。これが永遠の命の正体だ。

人によって若さが全然違うのは、体のありようか、心のありようか、という話があるが、体感時間のありようかもしれない。とすれば、理論上、永遠の若さを獲得する方法は確実に存在するのではないだろうか。なんだかとても変なことを言っている気がするが、とにかくそうなのである。

ここで一句

いい感じ 体感時間を いい感じ 体幹鍛えて いいかんじにする

あると思います!

*1:体感時間、Experience timeということで、こんな表記にしたんだけど、こういう感じであってるんですかね?知らんし僕には関係ないけども

*2:aを使っちゃうと定数っぽくなるからこういう表記にしてみた

*3:めんどうくさいので、もう式はかかないぞ

KIRIN はどうなった!? お前らもっと浸透させる努力をしろよ

とりあえず、この記事を貼っておくけど、もう読まなくてもわかりますね

hatenanews.com

彼女(彼氏)居ない歴=年齢

Kanojo(Kareshi) Inai Reki Iko-ru Nenrei

KIRIN

初出は2010年っぽい。当時の僕は感動に震え、この言葉を流行らせていこう、というか浸透させた方が良い、便利な略称だ、そう思った

なので、事あるごとに、この「KIRIN」という言葉を使うようにしていたんだけども

2019年になっても一向に浸透していないので、この説明をしなければいけない

どうなってるんだよ、お前らもうちょっと頑張れ、このラガードどもめが!!!!

というわけで本当に言いたいのはこっちです

ferret-plus.com

イノベーター理論というのは、理論というかまずは人を分類した感じの話です

これは見方を変えると、どれだけ新しいものに抵抗があるかって軸なわけです

f:id:karashi39:20190530202137p:plain

  • 新しいものに抵抗が一切ない層 (イノベーター)
  • 良いものなら新しいものに抵抗がない層 (アーリーアダプター)
  • 話題になっていれば新しいものに抵抗がない層 (アーリーマジョリティー)
  • 多数派の意見ならば新しいものに抵抗がない層 (レイトマジョリティー)
  • 新しいものには全て抵抗がある層 (ラガード)

こんな用語がそもそもわかりにくいので、僕なりの言葉を考えました

f:id:karashi39:20190530202241p:plain

  • イノベーター 変人アピール (みんなと違うことをとにかくしたい)
  • アーリーアダプター 自己中人間 (人の意見は無視、自分の価値観だけで全てを判断)
  • アーリーマジョリティー ミーハー (流行っていると感じたら乗り遅れたくない)
  • レイトマジョリティー 優柔不断 (人の意見が全てで判断力のない能無し)
  • ラガード 老害 (自分より年下のものは全て敵、概念や物体も例外ではない)

僕は変人アピールと自己中人間の狭間にいます

そして、キャズムというものがあって、自己中人間とミーハーの間にキャズムという谷が存在するのだけど

ミーハー以降の人間は全員、自分の一個前の段階の人間が食いついていないものには興味を示さないわけですね

だから流行ってないものに対しては全員 老害 になるわけですよ

f:id:karashi39:20190530203901p:plain

それってどうなの、もうちょっと考えろよ、ってKIRINの話をするたびに思っております

リスクを冒すことを覚えてからが本当のオセロ

オセロで全然勝てない、という初心者に向けてのアドバイスは、これを教えれば完璧!というものを記事にしてみました。


いったん、自分の石が黒であるものとして図を見ていってほしい

角を取る戦い

オセロは、挟んで色をひっくり返すゲームなのだから、これ以上挟みようがない角を取れば、そこを基準に端の列を全て獲得することができる

f:id:karashi39:20190530185413p:plain

仮に4隅を全て獲得して端の列を全て自分の色にすることができればそれだけで28個を自分の色にできる

オセロは64マスあるので、勝利のためには32個以上獲得する必要があるが、4隅を取ればのこり4個なのだから、楽勝ということになる

オセロは角を取る戦いだと、誰もが教えてもらう

レッドゾーンに置かせる戦い

オセロは、挟んで色をひっくり返すゲームなのだから、敵の石の隣にしか自分の石を置けない

なので角を取るためには、角の周り3箇所に相手の石を置かせる必要がある

f:id:karashi39:20190530185013p:plain

逆に言えばつまり、角の周り3箇所はオセロにおいて絶対に石を置いてはいけないレッドゾーンだ、と言える

f:id:karashi39:20190530184613p:plain

なので、レッドゾーンに相手が石を置かざるを得ないよう、レッドゾーンの周り5箇所に自分の石を置くよう、ゲームを進める必要がある

f:id:karashi39:20190530184910p:plain

レッドゾーンに 置かせる 置く戦い

ところで、レッドゾーンのへ置かせ合いに突入するまでの攻防を考えると、オセロのマス目の数は偶数なので、どうしても最初にレッドゾーンに石を置くのは先行の黒になってしまう

f:id:karashi39:20190530184557p:plain

つまり、先行黒である場合は常に、1個だけレッドゾーンに黒を置きながら戦わなければいけない

その場合、絶対に角を取られないように、このような置き方をすることになる

f:id:karashi39:20190530190913p:plain
https://www.playok.com/ja/reversi/

端の列のどこにも白がないので、当面は角を取られることはない

ただし、ここで白が1個レッドゾーンに置けば、黒ももう1つレッドゾーンに置かなければいけない

また、レッドゾーンに自分の石を置いてしまっているのだから、下手をすれば角を取られかねない

オセロは角を取る戦いではなく、実際は どれだけ安全にレッドゾーンを取るか? という戦いになっている


もし文字で伝えるとしたら、こうなります

角を取る
ために角の周り3箇所に置かせる
ためにその周り5箇所に置く
普通にやると先行黒が最初に5箇所のところに置く羽目になるので
黒は5箇所のところで安全な場所をみつけて1箇所先に置かなくてはいけない

結構シンプルだし、すぐに理解できてすぐに覚えられてすぐに実践できるのではないだろうか

なお、この先にも難しい攻防があるのかもしれないけど、初心者には覚えきれないし、僕も知らん

というかこの方法だけでは上級者には全く勝てない、しかし脱初心者のためには押さえておかないといけないことだと思う

ここからが本当のオセロなのではないかな

「待つ」のは本当に無理なんだってば

待つのは無理なんです。何事も。どうもわかってもらえていない気がしながら、32年も生きてしまった。耐え続けてきたということです。

子供が駄々をこねて「ピーマン嫌い」というレベルで待つのが嫌なんじゃなくて、ピーナツアレルギーの人間がピーナツを食べたら泡を吹いて死ぬレベルで、無理なんです。だから待たせるのは本当にやめてほしいし、1秒でも無意味な「待たせ」をする人間とは関わりたくない。というより、関わってはいけない。それで何度も何度も死んできました。今も、ストレス性の喘息が止まらなくなっていて、もう我慢の限界でこのような文章を公開することに決めた。

このことが理解できていなかったのだとしても、僕は普段から「待つのは嫌い」だということを公言しまくっているわけだから、ちょっと配慮があったっていいだろう。もう僕も大人です。僕がピーマンが嫌いと言っているんだったら、無理に食べさせますか?しないでしょ?それをしてくる人間という時点でもうすでに関わりたくない嫌な奴です。

遅刻なんかはどうでもいい。物理的に遅いだけだろう。君が急いだって電車は早く着かない。寝坊だって仕方ないだろ、睡眠は生理現象なんだから。そういうのじゃなくて、不安だとか、甘えだとか、ヘンテコな駆け引きとかで待たされるのが本当に無理なんだ。つまり、意思の選択の余地がある「待たせ」が無理。

無意味でも無配慮でもなく、やむにやまれず待たせる事情があるのかもしれないが、ニュータイプである僕はその事情を全て読み取れてしまうし、僕の死と引き換えにでも待たせなければいけない事情なんか結局僕にとっては苦しいものでしかないので、ダメなんです。特に、やむにやまれない事情が「意思」である人種は、もう本当に無理です。そういう人たちにも僕は優しくしてしまうから、命がガンガン削り取られていく。

もちろん、僕の方から「待つ」という譲歩をする場合もある。大切な人が、きちんと迷う時間が必要なことはわかっているから。だからってむやみに待たせたらダメだって、考えなくてもわかりません?こっちはピーナツを食べたら泡を吹いて死ぬ人間なんです。「食べても大丈夫」と言っているわけではなくて、「最悪死ぬかもしれないけど、君のために我慢して食べるよ」と言っているの。わかるでしょ、いつも「待つのは無理」って言ってるんだから。僕の方で状況を見た結果、待つしかないから仕方なく「待ちます」とは言っているけど、それに甘えてピーナツを何個も口の中に突っ込んでこないでくれ。死んじゃうから。

とにかく、待つのは無理なんだ。僕が泡を吹いて死んだらわかるのか?わかっていなかった人は、いますぐ考え直してくれ。

君もコンピュータァーになろう

コンピュータァーって、すごいですよね、すごいし、便利

俺もコンピュータァーになりたい、どうやったらなれるのかな

考えてみました

その1 コンピュータァーの構造のように動いてみよう

コンピュータァーの構造

コンピュータァーにはいろんな部品が詰まってますが、大事なのは、

  • CPU: 考える部分
  • RAM: 作業用スペース (速いけど、保存に適さない)
  • HDD: 保存用スペース (遅いけど、保存に適する)

HDDが最近は速くて保存に適するSSDとかって話もありますが、とにかくこれが基本ね

わかりにくいので、身近な例え

こうやって考えるとカンタンです

  • CPU: 考える部分 =>
  • RAM: 作業用スペース =>
  • HDD: 保存用スペース =>

作業をするのはです。たとえばコンピュータァーが何らかのデータを作成していくような処理は、人間で言えばノートになんかを書く作業ということになります。コンピュータァーの場合は、作業の中心はCPUです。

ただし、人間が立ちっぱ状態でノートに何かを書いていくのは大変なので、が必要になるわけです。作業用スペースですね。机が広いほど、いろんなノートやら資料やらオヤツのチョコパイやらを置くことができる。どでかい図鑑とかも、でかい机になら置いて作業することができる。

コンピュータァーなら、作業用スペースであるRAMが大きいほど、たくさんのアプリを同時に動かしたりとか、一個あたりの使用量が大きいアプリを動かしたりできるわけです。

ただし、机の上はちょくちょく片付けないと嫌になってしまうというか、別の作業ができないので、に片付けます。棚にものを取りに行くのは、机の上にものを置くよりは時間がかかりますけど、いっぱいしまえるし、なんていうか役割分担ですよね。必要ないものは片付けておけば、作業も快適なはず。

HDDもそういった役割です。保存するためだけの場所です。コンピュータァーの動きが悪いからってたまにHDDの中のものを減らす人がいますが、棚をスッカスカにしても、別に作業は効率よくなりません。棚にものを取りに行く時だけ楽になるだけです。机を綺麗にしなきゃだめよ。

さらにそれを人間に当てはめてみる

こう、この人/机/棚という3つを、全て人間の中に入れてみましょう。すると、僕らは記憶装置に関して、作業用も保存用も、自分の脳みそでやっちゃっていることがわかります。役割分担できてない。効率悪い。

特に、考えることを大事にしているならば、机の上は常に綺麗にしておきたいよね。だから、

  • CPU: 考える部分 => 人 => 知能
  • RAM: 作業用スペース => 机 => 記憶
  • HDD: 保存用スペース => 棚 => メモ帳

みたいに分担します。いまいまの作業に必要ないものは、全て自分の外に出してしまう。

スケジュール帳にメモる。Trelloに登録しておく。ツイッターに吐き出す。そういうことです。予定とか、やらなきゃいけないこととか、思いついた面白いこととか、ぜーんぶ、自分の外。今目の前にある考えなきゃいけないもの以外は、全部どっかに出してしまいましょう。

ただし予定とかは、完全に忘れてすっぽかしちゃうといけないから、思い出すべきタイミングをその都度考えて、リマインド通知が飛んでくる場所に書き出しておくと良いですね。Google カレンダーとかで良いと思う。

どうすか

よくわかんないと思うけど、要約すると

僕らは作業/保存スペースの両方を脳の中でやってるけど、それは効率が悪そうだから、保存スペースは全部外に出そう

という話です。この一文を書いた時に、「あー、これ、1回ツイートすれば終わる話だったわ」って思った。

なので、以降、続きを書きます。そのうち。

注意事項

これをやると、思いついたことは基本的にどこかしらに出さないといけなくなるので、まあなんていうか黒いものも全部出すことになるし、心の狭いやつらには嫌われていくよね。でもそんなのどうでもいい、俺は自分の頭が回転することに集中したいんだ。

同時に処理する機能を真似てみる (CPUをいい感じにするには)

ヒュージページというものがあってな (RAMをいい感じにするには)

最近誰もやらないディスクのデフラグ (HDDをいい感じにするには)

ディスクスワップという仕組みを今更 (RAMとHDDの連携みたいなさ)

再起動の重要性 (記憶を無くすまで酒飲んで寝ろ)

MECEって結局どうしたらいいの

というのが、長年言葉にできずにいたのですが、このたび、しました

じゃっかん機嫌が悪いので、言葉遣いが荒いですがご容赦ください

MECE(ミーシー)とは

モレなくダブリなくの略だそうです。これ以上の有益な情報はないので、ググらなくていい。

MECEにするには?

ちょっとカッコつけた言い方かもしれませんが、世界を分割するだけです。

たとえば、ゴルフをする人間か、しない人間か、で分ける

こういうことです。Yes/Noで答えられる質問を分割線として、世界をキレイにわけること、これがMECEです。

全体に対して分割線を引いて分けているのだから、モレることは基本的にはありません。

しかし

実はこの分け方はダメです「あなたはゴルフをしますか?しませんか?」と聞かれた時に

「うーん、まあ、基本はしないけど、数年に一回くらい、打ちっ放しに付き合いでいくかも...」みたいな、なにやらモゴモゴした女の腐ったような回答をするアホが、時々いますね。

こういうどっちつかずのアホが出てくる質問は、本当はダメです。両方に属しようとしたらできてしまうのでは、ダブリになりますから。

なので、正確に行くと「あなたは現時点で、打ちっ放し含む、ゴルフを1度でもした経験がありますか?」で分けないといけません。

Yes/No以外の分け方もある

たとえば、数字で分ける方法。0〜19才と20〜65才、66〜才で分ける。基準がきっかりしてれば、MECEに分けることができます。

数字じゃなくても、体系化された分類に乗っ取って分けてしまうのは良い手です。たとえばホイタッカーの5界説に則り、モネラ/原生生物//植物/動物 に分けるなど。実は学問上はダブリが発生してるかもしれませんが、その辺は有効数字という概念を勉強してください。お前ら全員工学部に行け。

また、今の時点で、この分け方になんの意味があるのかなんて考えてるやつはアホです。今は、キレイに分ける、ただそれだけの話をしているんです。

とはいえ常識は必要

有効数字の概念があっても、原理的にそもそもダメな分け方があります。

たとえば、日本人かそれ以外かで分けるのはOKです。でも、この感じで行って、各国籍(+国籍なし)で分けるのはMECEにはなりません。日本人は国籍を一つしか持てませんから*1、そこでYes/NoにするのはOK。しかし、多重国籍が可能な国ってのも存在するわけで、そこを分割線にしたら、ダブってしまいます。

というわけで、知識みたいなくだらないものは論理の領域ではないような気がしがちですけど、分け方が適切かを考える上では知識的な常識が必要になることがあります。残念ですね。

Open/Closed Question ってあるよね

もう、端的に言うと、MECEにしたいなら、ClosedなQuestion、つまり、決まった回答の中から選ばなければ行けない質問で、分けるようにしてください。アンケートでもあるでしょ、Yes/Noのやつとか、複数選択肢一択のやつとか。

何個でもチェックをつけていいのはダメですし、完全にOpenなQuestionである自由記述とかは、MECEにする上ではホントダメです。

なので、Open/Closed Question の概念がない人には、そもそもMECEの話はわかりません。

ふつう、組み合わせて使う

こんなん説明しないでも想像できていると思いますが、分割線は何個か引いて、組み合わせて使います。

たとえば視聴率の分け方 F1, F2, F3, M1, M2, M3... といったものは、(1) 男か女か?という分割線 と、(2)年齢で区切った分割線MECEにしてますよね。ただし、C, Tといった未成年に対しては性別による分け方を導入していないので、MECEの例としてはちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、応用編になってます。

僕がイラついていること

あのね、一を聞いて十を知るってあるじゃないですか。一、そんな頑張って説明しなくても良くない?最初から十を言ってくれ。そしたら一から九までは補完するんだから。

こういう情報を調べると、基本的には一に該当するような、他のサイトにも書いてあるような内容が、絵と色と文章の量と広告のうざったさだけを変えただけでいっぱい出てくるのが、非常にイラつくんですね。「モレなくダブリなく」ってどういうこと?じゃないんだよ。わかるよそれは。図なんかいらないよ*2。わかるだろ。みんな、その先が、イメージできないの。

もちろんMECEに関しては僕の説明が十に該当するものではないでしょうけど、少なくともこの説明をしてくれてれば、僕の世界はもっと早くひらけていたと思うし、こんなもの、自分で発見することの価値なんかどこにもありません。先に答えを言え。

あと、概念を理解するための記事で、ミーシーだとかミッシーだとかいった、読み方のパターン出しなんかしてなんの意味があるんだよ*3。何かやるなら旗を振って統一するくらいのことはしろ。こんなもの、古い人間に配慮して何の意味があるんだ?バカか。みなさん今日から僕に合わせてミーシーって読んでください。DBはデービー、intはイントです。読み方が変わって困るやつが仮にいたとしたら、そんなめんどくせえやつは困らせろ。あと、誰かが旗を振り出したら僕はそれに合わせます。

今日のダジャレ

ミーシーんーでーひーらーいーてー

ここがメインコンテンツのはずなんですが、底が見えないレベルで雑になっていっています。

*1:そのはずだよね?ね?ね?

*2:余談ですが、言葉で理解するのが苦手なので図で説明されたいという人種に対し長年配慮してやってきましたが、よくよく考えたら、そいつらは頑張って文章から自分で図を描け、という話なのであった。プレゼンとかだったら別ですけども

*3:様々な発音がありますねっていうのは、語学の問題なので、MECEの説明でいちいち出してくることは馬鹿げていると思います